順序よく行ってくれる

花

家族がなくなりそれから四十九日前後が経過した場合には、四十九日の法要を行いたいところです。昔は自宅などで行っていたかもしれませんが、最近は葬儀場で行う傾向が強くなってきています。この時自宅で行わずわざわざ会場を借りて行う目的の一つは、手順がしっかりしているからです。葬儀会社の方も、このような法要が頻繁に行われていますので非常に慣れています。ところが、喪主の方も実際に初めて四十九日を行うとなれば一体何をしたらよいかわからないはずです。このような場合、いい加減な流れなどになってしまうと亡くなった人に対しても失礼なだけでなく、親せきなどを呼ぶ場合に興ざめになってしまうでしょう。この場合は正しい手順で行うため葬儀会社に協力してもらいましょう。

料理なども選ぶことができる

お経

四十九日の法要といえば、お坊さん及ぶことが多くなります。お坊さんに来てもらいお経を読んでもらうわけですが、この時の手続きなどは葬儀会社を通じて行っても問題ありません。葬儀会社とお寺は提携しているところもありますので、もし昔のように檀家制度などに加入していない場合でお坊さんが必要な場合には、葬儀会社にお願いをすると良いでしょう。もちろんその前の葬式の段階でも葬儀会社の坊さんを呼ぶように依頼した場合には同じやり方で依頼すれば十分です。料理が出てくるのも特徴といえるわけです。料理は基本的に松竹梅の3種類がありますので、好きな料理を選んで提供しましょう。特に見栄を張る必要はありません。葬儀会社に任せておけばどのようなグレードでもしっかりと提供してくれます。

骨を埋める時の手続き

木魚

基本的には四十九日の法要の時には行わなければいけないことがあり、それが骨を墓に埋める手続きになります。基本的にこれは葬儀会社というよりもお墓とのやりとりになります。しかし、初めて墓地の業者とのやりとりをする場合には、いったいどのようにしたらいいかわからないはずです。この場合には葬儀会社が非常に役立ちます。葬儀会社は単に葬式をするだけではありません。葬儀全般に関して知識を持っていますので、わからないことがあれば取りあえず葬儀会社に聞いてみましょう。埋葬するためには、事前に予約をしておかなければならないのが一般的になります。前日などに申し出てできることもありますが、できればなくなってから数日の間に連絡をしておき、1カ月ぐらいの間をあけておきましょう。後は葬儀会社で四十九日の法要を行った後は、バスでお墓まで行きますがこのバスも借りることが可能になります。

広告募集中