HOME>注目記事>準備をしなければいけないことを把握しておく
葬儀会場

行うべき法要

人が逝去をして四十九日が経過をしたら、成仏できると言われています。宗教的な話になってきますが、一般的には仏教の場合には四十九日供養は必須となっています。最近では家族葬が増加をしているということもあるので、供養そのものを行わないという家庭も増えてきています。それでも一般的には行うべきだと言われているので、葬儀会社からも提案されることが多いです。仏教以外の宗教の場合には考え方も変わってきます。葬儀会社から時期のアドバイスもありますし、菩提寺がある場合には日程の提案もあるでしょう。また実際の四十九日を過ぎる前に法要を執り行うことが一般的になっています。法要の後に会食も行われることが多いので、その会食の会場も準備しておく必要があります。直前ではなく、ある程度余裕を持って準備をしておくこともたくさんあります。

地域差のあること

四十九日法要は地域によっても違いがあります。供物も準備しなければいけない品物そのものが変わってくることがあるので、法要を執り行うエリアの風習もチェックをしておくとよいでしょう。法要の際に納骨をする場合もあります。納骨をすることによって、ひと段落がつくということもあるでしょう。納骨に関しては必ず四十九日に行わなければいけないことでもありません。寺院によっては薦められることもありますが、遺族のタイミングで行えばよいということもあります。最近では菩提寺を持っていない家庭も多いということがあるので、法要の際に依頼をすることができる寺院を探しておくのもよいでしょう。場合によっては、葬儀会社が紹介をしてくれるということもあるので、菩提寺がないということで悩む必要もありません。

広告募集中